メニュー

新着情報

メール誤送信防止市場で11年連続シェアNo.1を獲得!

NTTテクノクロス株式会社(以下、NTTテクノクロス 本社:東京都港区港南、代表取締役社長:串間和彦)は、株式会社 ミック経済研究所(以下、ミック経済研究所 本社:東京都港区、代表取締役社長:有賀章)の2018年の調査レポート*1において、メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail(サイファークラフトメール)」が電子メール誤送信防止ツールの出荷金額シェアNo.1を獲得したことをお知らせします。

同レポートによると、電子メール誤送信防止市場はニーズや認知度の高まりから成長を続けており、2017年度のメール誤送信防止市場全体の出荷金額は対前年比104.9%の伸び率を示しています。その中で、NTTテクノクロスのCipherCraft/Mailは、出荷金額シェア 43.3%と、2位以下に大きく差をつけて、おかげさまで11年連続シェア1位を獲得しました。

Office 365やG Suiteなどのクラウド型メールサービスの利用は増加傾向にあります。最新バージョンのCipherCraft/Mail 7はクラウド型メールサービスにも対応しており、クラウド型メールサービスの安全な運用を実現してきました。
また、CipherCraft/Mailシリーズとしてメール誤送信防止に加え、ビジネスメール詐欺対策(BEC)、標的型メール訓練サービスを提供しており、トータルメールセキュリティソリューションとして進化を続けています。
NTTテクノクロスでは、今後もお客様の満足度を高めていけるよう、より質の高い製品開発や販売体制およびサポート体制の強化など各種取り組みを継続・強化してまいります。

■用語解説・注釈
*1:ミック経済研究所「サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望2018【Web&メールセキュリティ編】」2018年8月発刊
* 記載されている商品名・会社名などの固有名詞は一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。

※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTテクノクロスのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します。
(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

無料評価版はこちらから

メール誤送信防止
自動暗号化
無料評価版お申込み
標的型メール対策
無料評価版お申込み