メニュー

サイファークラフトメール
標的型メール対策とは

CipherCraft/Mail標的型メール対策

サイファークラフトメール標的型メール対策は、過去のメールパターンを学習しておき、いつもと異なる特徴や標的型攻撃に似た特徴のメールをシステムで自動検知し、ユーザへ注意を促します。

不審なメールの受信前検知・隔離と、定期的な訓練によるユーザへの意識付けで、標的型メールによる攻撃を未然に防止します。

現在お使いのメール環境はそのままで、簡単に利用できます。

PC

サイファークラフトメール
標的型メール対策でできること

  • 疑わしいメールは注意喚起!

    疑わしいメールは注意喚起!
    Caution

    誰でも標的型攻撃メールのターゲットになる可能性があります。送信者の過去のメールパターンと比較して普段受信するいつもと異なる情報が見つかった場合や、一般的な標的型攻撃メールにみられる特徴が見つかった場合にメールを判断し受信者に通知します。

  • 標的型攻撃メールに対する耐性をつける

    標的型攻撃メールに対する耐性をつける
    Resistance

    攻撃パターンが増加・巧妙化しているため、サーバ側のシステムで全てを防御することが難しくなってきています。受信者の標的型攻撃メールに対する意識を高め、インシデント時の対応方法の理解、体験することが可能です。

  • 標的型攻撃メールの訓練可能

    標的型攻撃メールの訓練可能
    Training

    標的型攻撃メールに見せかけたメールの隔離通知をユーザに対して行うことで、メールが隔離された状況を想定した訓練が実施可能です。繰り返し訓練を行うことで、社員の標的型メール攻撃に対する危機意識を日常的に高めることができます。

標的型攻撃メールのウィルスによる
リスク

システムで100%の防御が難しい標的型メール攻撃。
標的型攻撃メールの被害に合うと会社のパソコンから重要な情報が流出するなどの懸念があります。

  • パソコンが遠隔操作され、情報が流出する
  • 踏み台として利用され被害が取引先に及ぶことも
  • 会社のネットワークから社内システムが破壊される
  • ファイル・データが削除・破壊される
社内のセキュリティが危険そうなパソコン社内のセキュリティが危険そうなパソコン

サイファークラフトメールが
選ばれる理由

  • ポップアップ画面で不審メールを警告

    ポップアップ画面で不審メールを警告
    Warning

    不審メールが送付されてきたら受信前にポップアップ画面で警告します。ウィルス対策など技術的対策をすり抜けた標的型攻撃メールを受信者自身がチェックし、発見・回避できます。

  • 不審なメールを即検知

    不審なメールを即検知
    Detection

    パターンファイルと異なる手法で即時に不審なメールを検知可能!送信者の過去のメールパターンを記憶し、いつもと異なるメールや標的型攻撃に似た特徴を持つメールをシステムで自動検知します。

  • 様々な導入形態

    様々な導入形態
    Introduction form

    ご利用のPCにインストールするだけで利用可能なクライアントタイプとサーバ側で一括で管理するのに適したサーバタイプをご用意。
    またクラウドサービスもございますので詳細についてはお問い合わせください。

※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTテクノクロスのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します。
(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

無料評価版はこちらから

メール誤送信防止
自動暗号化
無料評価版お申込み
標的型メール対策
無料評価版お申込み