メニュー

標的型メール対策
FAQ

「サイファークラフトメール標的型メール対策」についてよくある質問をご紹介致します。
ご不明な点はこちらのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

機能一覧

機能について

不審メールの隔離は、どういう条件で行われるのでしょうか?
受信メールを評価することにより、送信者の過去のメールパターンと比較していつもと異なる情報が見つかった場合や、一般的な標的型攻撃メールにみられる特徴が見つかった場合に、隔離が行われます。評価の種類には、送信元評価、メールソフト評価、初受信評価、経由国評価、送信ドメイン認証評価、添付ファイル拡張子評価、添付ファイルRLO評価、添付ファイル二重拡張子評価、添付ファイルアイコン偽装評価などがあります。
サイファークラフトメール標的型メール対策でどのように訓練を行うのでしょうか?
訓練メールの配信は不要で、サイファークラフトメール標的型メール対策を用いて、標的型攻撃メールに見せかけたメールの隔離通知をユーザに対して行うことで、メールが隔離された状況を想定した訓練が実施可能です。
実際に標的型攻撃メールを模擬した「訓練メール」をユーザへ送信し、標的型攻撃メールへの対応を教育訓練するサービスも実施しておりますので、そちらもあわせてご検討ください。
サイファークラフトメール標的型メール対策とサイファークラフトメール(誤送信対策)は併用できますか?
併用可能です。併用することで、メール送受信時のユーザへの注意喚起を行うことができます。

利用環境について

Office365を利用しており、メールソフトはOutlookの場合は利用可能でしょうか?
プロトコルとしてPOP3およびMAPI接続を使用されている場合は、ご利用可能です。
メールをホスティングしている(ASPタイプ)場合でも、利用できますか?
プロトコルとしてPOP3を使用されている場合は、ご利用可能です。
Webメールには対応していますか?
サーバタイプであれば、オンプレミスのWebメールをご使用の場合はご利用可能です。メールが受信用メールサーバへ配送されるSMTPの経路上に設置してご利用いただきます。メールの環境次第で、ご提案内容が変わることもございますので、詳しくはお問い合わせください。

導入について

特定の部署のみ導入すること、また、部署ごとで異なる設定にすることは可能でしょうか?

可能です。

【クライアントタイプの場合】
導入する部署のユーザの端末にインストールすることでご利用可能です。
マスターファイルを用いた、設定の統一化が可能で、部署ごとに設定を管理する場合には、それぞれの部署ごとにマスターファイルを作成することとなります。

【サーバタイプの場合】
受信メールを評価・隔離するかどうかを、ユーザのメールアドレス単位で設定可能です。
また、グループ単位で評価設定が可能で、部署ごとに設定を管理する場合は、部署ごとにグループを作成し、そのグループに所属するユーザの指定と、評価設定を実施することとなります。

各種設定やポリシーをユーザが変更できないように設定できますか?

できます。

【クライアントタイプの場合】
マスターファイルを用いた、設定の統一化が可能で、マスターファイルにより、ユーザが設定変更できないようにすることが可能です。
事前に作成したマスターファイルをインストーラに埋め込みユーザに配布することで、ご利用開始時から設定を統一することが可能です。また、Webサーバ上にマスターファイルを配置することで、ユーザの端末上のマスターファイルを更新することも可能です。

【サーバタイプの場合】
各種設定やポリシーは、管理者用の設定画面でのみ実施可能であるため、ユーザによる設定変更はできません。

既存のメールサーバはそのまま利用できますか?

【クライアントタイプの場合】
メールソフトにてプロトコルとしてPOP3およびMAPI接続(Outlook)を使用されている場合は、基本的に既存のメールサーバに変更を加えることなくご利用可能です。導入前に評価版でお試しのうえご検討ください。

【サーバタイプの場合】
メールが受信用メールサーバへ配送されるSMTPの経路上に設置してご利用頂きますため、既存のメールサーバにて、メールの配送経路などを変更して頂く必要がございます

導入前に、試行利用できますか?

できます。
こちらのお申し込みフォームより評価版のお申込みを受け付けています。

評価版から製品版への切り替えはどのように行いますか?

評価版ご利用の方は、サイファークラフトメール標的型メール対策のライセンスファイルを、ご購入時に弊社より提供するものに入れ替えることで、そのままご利用いただけます。

評価版と製品版で機能差分はありますか?

機能差分はありません。評価版では、ライセンス発行後、60日間のご利用が可能です。

保守について

保守サービスの内容を教えてください。

以下の内容となります。

なお、サイファークラフトメールお問い合わせ窓口の連絡先等は、ご契約いただいたお客様にご提示いたします。

(1) 対象ソフトウェアのマイナーバージョン・アップ・サービスを無償提供

(2) 対象ソフトウェアの利用上において発生した障害に関する質問の電話、メール による受付・回答( 対応時間 : 平日 9:30 – 17:30 )

※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTテクノクロスのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します。
(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

無料評価版はこちらから

メール誤送信防止
自動暗号化
無料評価版お申込み
標的型メール対策
無料評価版お申込み