メニュー

標的型メール対策
機能一覧

標的型攻撃メールをどのようにして防ぐのか「サイファークラフトメール標的型メール対策」の機能をご紹介します。

機能一覧

不審メール受信時のユーザへの警告


クライアントタイプ サーバタイプ

標的型攻撃の疑いがあるメールをメールソフトの受信箱へ受信前に自動的に隔離し、受信者に注意喚起の画面を表示します。
過去に受信したメールの内容を蓄積・照合し、「過去に受信履歴がない送信者」や「標的型攻撃に似た特徴のメール」などの不審なメールを受信すると、受信者へ警告を表示します。

不審メール受信時のユーザへの警告の画面イメージ

不審メールの自動隔離


クライアントタイプ サーバタイプ

標的型攻撃の疑いがある不審なメールがメールソフトの受信箱へ入る前に自動隔離します。
送信者の過去のメールパターンと比較していつもと異なる情報が見つかった場合や、一般的な標的型攻撃メールにみられる特徴が見つかった場合に自動で隔離されます。

不審メールの自動隔離のユーザへの警告の画面イメージ

メール不審点のリストアップ


クライアントタイプ サーバタイプ

隔離されたメールの不審点を一覧で表示します。
不審点の抽出は、送信者の過去のメールパターンを記憶し、いつもと異なるメールや標的型攻撃に似た特徴を持つメールをシステムで自動検知します。

<評価項目>
・送信ドメイン認証結果
・送信経路
・使用メールソフト
・経由国
・添付ファイル名
・アイコン偽装の検知 など

パターンファイルと異なる手法なため即時に検知可能です!

受信可否の選択


クライアントタイプ サーバタイプ

リストアップされた不審点を1つずつしっかり確認し、問題なければ受信するボタンで安全に受信することができます。
不審なメールをどのようにして対処したら良いかわからない場合も、対処方法を表示するので安心です。

受信可否の選択の画面イメージ

定期的な訓練


クライアントタイプ サーバタイプ

訓練メールの配信は不要で、標的型攻撃メールに見せかけたメールの隔離通知をユーザに対して行うことで、メールが隔離された状況を想定した訓練が実施可能です。繰り返し訓練が行うことで、社員の標的型メールに対する危機意識を日常的に高めることができます。また、何名が標的型メールにみせかけたメールを開封したかなど、受信者の対応状況も集計することが可能です。
※対応状況の集計機能は、サーバタイプのみ可能です。
※実際に擬似的な標的型メールを送信する【標的型メール訓練サービス】もございます。

定期的な訓練の画面イメージ

ポリシー管理


クライアントタイプ サーバタイプ

管理者が標的型メール攻撃の判別ポリシーを一元管理してユーザに強制適用することができ、組織内での対策のバラツキを防ぐことが可能です。

サンドボックス検査

メール本文中にあるリンク先のURLや、添付ファイルが付けられている場合は、受信者の代わりに自動的にサンドボックスで開封。
安全性を確認し、危険な場合は受信者に注意喚起することができます。
※詳細はお問い合わせください。

機能一覧とラインナップ

▼ 表は横スクロールでご確認いただけます

サーバタイプ クライアントタイプ
インストール方法 専用のサーバを社内に構築
(構成は要相談)
ソフトウェアをメール受信者のPCにインストール
こんなお客様におすすめ
  • ・一括で管理したい
  • ・PC利用環境や対象人数に制限されずに導入したい
  • ・小規模でスタートしたい
  • ・サーバを管理したくない
機能一覧 不審メール受信時のユーザへの警告
不審メールの自動隔離
メール不審点のリストアップ
受信可否の選択
定期的な訓練
集計機能(管理者向け)
ポリシー管理(管理者向け)
通知方法 通知メールを受信したら、
Web画面で確認
ポップアップ画面で確認

※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTテクノクロスのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します。
(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

無料評価版はこちらから

メール誤送信防止
自動暗号化
無料評価版お申込み
標的型メール対策
無料評価版お申込み